防犯カメラの購入|鍵屋が引き受けてくれる仕事|鍵開けやドアノブ交換
作業員

鍵屋が引き受けてくれる仕事|鍵開けやドアノブ交換

防犯カメラの購入

女性

防犯カメラも小型化の流れが進んでいます。

店舗入り口などに設置されている物々しい防犯カメラは録画機とセットで10万円は越してしまいます。防水タイプのカメラ本体で3万円。専用のデジタル録画機が8万円位です。これでも安い方で、上を見たらもっと高い物はいくらでもあります。 ただ、カジノやパチンコ店のような不正行為監視目的ではないので、そこまで超高解像度である必要はありません。したがって、この程度の価格が相場と考えて良いでしょう。つまり、一セット10万円です。 ところが、最近の電子技術の進歩は凄まじく、超小型で高性能な防犯カメラが登場しました。この防犯カメラは一見、インターフォンにしか見えません。スタンドアロンで動くので設置に特別な技術は必要ありません。自分が監視しておきたい場所に向けて設置しておくだけで良いのです。このタイプは3万円以内で買えてしまいます。

インターフォンタイプは物々しくないので一般家庭向けです。

昔ながらのカメラと録画機のセットで使うタイプは室内配線が必要になります。これはちょっと面倒で、専門家に依頼する必要があります。無線で画像を飛ばして受信機で受像するタイプも有りますが、こちらは現状では微妙です。画像を電波で飛ばすので傍受される危険性があるのと、日本の電波法に違反している場合があるからです。ちゃんとそれらの対策済みの製品ならば、お勧めできます。 一番お勧めなのは普通のインターフォンにしか見えない防犯カメラです。これは、電池で動き、本体内に画像記録回路が内蔵されておりSDカードに記録します。つまり、スタンドアロンで使えるのです。さらに赤外線で夜間の画像も記録出来る優れものです。このタイプなら物々しくないので一般住宅にも周囲の目を気にせず気軽に設置出来ます。 注意点としては、記録用のSDカードはちゃんとしたブランド物を使うことです。場合によっては証拠として警察や裁判所に提出する可能性がありますので、ケチらない方が良いのです。